ここから本文です

知事「侮辱発言」撤回と謝罪を要求 県議会の質疑巡り共産

9/19(水) 9:45配信

カナロコ by 神奈川新聞

 14日の神奈川県議会本会議での質疑を巡り、黒岩祐治知事から侮辱発言を受けたとして、共産党県議団は18日、知事に発言の撤回と謝罪を求める申し入れを行った。

 同県議団によると、14日の県議会本会議で藤井克彦氏の代表質問が終わり、休憩に入った直後、知事が「質問しろよ」「逃げるのか」「ひきょう者」などと発言。藤井氏に対する人格攻撃で個人の尊厳の否定であり、再質問を行うかは議員が決めることで、その判断に介入する発言は質問権の侵害につながるとした。

 藤井氏はその上で、「議会という場で県民を代表し、私なりの角度で問題を提起した。ひきょう者呼ばわりされる筋合いはない」と述べた。

 これに対し、知事は「『こっちは逃げないぞ、答えようとしているんだから』『ひきょうじゃないか』と、藤井議員の態度に対して抗議したものであり、人格を攻撃したものでも、個人の尊厳を否定したものでもない」とコメント。「撤回や謝罪をすべき発言とはまったく考えていない」との認識を示した。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ