ここから本文です

岩手・大船渡の「お気に入り」、動画で発信 市委託サイト特設ページ

9/19(水) 13:28配信

岩手日報

 大船渡市のIT企業アローリンクス(川原夕輝社長)が市の委託を受け運営するウェブサイト「おおふなこポータル」は、市民が薦める店などを学生が取材し、動画で紹介する特設ページを開設した。同社がインターンシップ(就業体験)で受け入れた福島高専5年の鈴木淑乃(よしの)さん(20)=福島県出身=と、弘前大3年の高原舞さん(20)=北海道出身=が企画し、18日から動画を順次公開。2人は「大船渡の新しい一面を発見するきっかけにしてほしい」と多くの閲覧を呼び掛ける。

 企画名は「くるみまるに教えて!大船渡のここが好きっ!」。ハンドルネーム「くるみゆべし」の鈴木さん、「もちまる」の高原さんが高校生以上の若者を対象に街頭インタビューし、景色や食べ物、店など市内の「お気に入り」を教えてもらう。その情報を基に2人が店などの紹介動画を制作し、予告編を含めた計15本の動画を21日までにおおふなこポータル内の会員限定ページで公開する。

 18日は同市盛町の「ちっちゃなクレープ屋さん」を舞台に最後の動画撮影を実施。コミカルな演出を加えながら、スマートフォンでクレープのおいしさや店の雰囲気を収録した。

最終更新:9/19(水) 14:33
岩手日報