ここから本文です

鹿島が初の4強入り…水原三星、シャビ所属アル・サッドも/ACL準々決勝

9/19(水) 21:52配信

SOCCER KING

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグが17日から19日にかけて各地で行われ、ベスト4が出揃った。

 東地区では、日本勢で唯一のベスト8進出を果たした鹿島アントラーズが天津権健(中国)と対戦。中立地のマカオ開催となったアウェイゲームで、FWセルジーニョとMF安部裕葵、MF土居聖真がゴールを決め、3-0と快勝した。ファーストレグに続いての完封勝利で、2試合合計5-0と圧倒。クラブ史上初のベスト4進出を果たしている。

 東地区のもう1試合は、水原三星と全北現代の韓国勢対決。敵地に乗り込んだファーストレグで3-0と完勝した水原三星だったが、ホームでは全北現代に押し込まれ続けた。0-3で90分を終え、2試合合計3-3、アウェイゴール数でも並んで延長戦に突入。前後半15分の延長戦でも決着がつかず、PK戦に持ち込まれることとなった。

 PK戦では、先攻だった全北現代の1人目と3人目が失敗。水原三星は4人連続で成功し、4-2で勝利を収めた。熱戦の末、水原三星が準決勝進出を決めている。

 なお、準決勝で激突することとなった鹿島と水原三星はグループHですでに2試合を戦い、1勝1敗という戦績だった。

 また西地区では、グループステージから準々決勝ファーストレグまで9戦全勝と圧倒的な強さを示していたアル・ドゥハイル(カタール)が大逆転で敗退。ホームでのファーストレグを1-0で制し、セカンドレグでも先制に成功したものの、“2失点までであれば突破”という状況でまさかの3失点を喫した。3-1で勝利を収めたペルセポリス(イラン)が、2試合合計3-2でベスト4進出を決めている。

 また、ホームでエステグラル(イラン)と対戦したアル・サッド(カタール)は2-2のドロー。2試合合計5-3で、準決勝進出を果たした。元スペイン代表MFシャビ、スペイン人MFガビらを擁するカタールの強豪が、ベスト4まで駒を進めている。

 ACL準々決勝セカンドレグの結果は以下のとおり(左側がホーム)。

▼西地区
◎アル・サッド(カタール) 2-2(2試合合計:5-3) エステグラル(イラン)
◎ペルセポリス(イラン) 3-1(2試合合計:3-2) アル・ドゥハイル(カタール)

▼東地区
天津権健(中国) 0-3(2試合合計:0-5) 鹿島アントラーズ(日本)◎
◎水原三星(韓国) 0-3(2試合合計:3-3/PK:4-2) 全北現代(韓国)

 ACL準決勝の組み合わせは以下のとおり(左側がファーストレグのホーム)。準決勝は10月2日と3日にファーストレグ、23日と24日にセカンドレグが行われる。

アル・サッド(カタール) vs ペルセポリス(イラン)
鹿島アントラーズ(日本) vs 水原三星(韓国)

SOCCER KING

最終更新:9/19(水) 21:52
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事