ここから本文です

中国の“プライド捨てた質問”に困惑?鹿島・大岩監督は答えず

9/19(水) 10:55配信

ゲキサカ

 鹿島アントラーズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝第2戦で天津権健(中国)と中立地のマカオで対戦し、3-0で勝利した。2試合合計5-0とした鹿島はクラブ史上初のベスト4進出。試合後の大岩剛監督のコメントをJリーグ公式サイトが伝えている。

 ホームでの第1戦を2-0で制した鹿島は、前半13分に右CKからFWセルジーニョがヘディングを決めて先制。同27分にDF内田篤人の折り返しをMF安部裕葵が押し込むと、後半21分には途中出場のMF土居聖真がダメ押し弾を奪い、快勝で準決勝へと駒を進めた。

 鹿島はグループリーグで上海申花を抑えて2位通過を果たし、決勝トーナメント1回戦では上海上港を撃破。今回の天津権健を含めて中国勢3チームと戦ってきたことを受け、試合後には同国のメディアから「我々の弱点はどこか。あとアドバイスがあれば教えてください」という”低姿勢”の質問が飛んだ。

 大岩監督はこれに対し、「中国のチームは外国籍選手を中心に力のあるチームが多いです。実際に非常にタイトな試合に毎回なっていますし、非常にリスペクトしています。われわれも100%もしくは120%の力で向かっていかなければ勝てない相手でした。ホーム&アウェーでどちらのゲームでもパワーを使う難しいゲームが多かったです」と敬意を示した上で、「アドバイスすることはありません」と明言を避けた。

最終更新:9/19(水) 17:46
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ