ここから本文です

三菱、ピックアップトラック生誕40周年…新型モデル間もなく発表か?

9/19(水) 17:04配信

オートックワン

三菱自動車は2018年9月18日、1978年に発売した「L200(日本名:フォルテ)」を起源とする1トンピックアップトラックが生誕40周年を迎えたことを発表した。

このニュースのフォトギャラリー

初代から5代目まで、今日にいたる40年間での累計生産台数は約470万台。2017年度では、三菱自動車の販売台数の約15%を占め、車種別では2位となる世界戦略車で、これまで約150カ国で販売している。

歴代モデルを通じ、ピックアップトラックに求められる優れた耐久性、堅牢性、走破性に加えプライベートユースで求められる快適性・乗り心地の良さを実現し、アセアン・豪州・欧州・中南米・中近東・アフリカなどで好評を博してきた。

また、三菱自動車が得意とする4WD車の先駆者的な存在であり、後のパジェロやデリカ(4WD)などに繋がる基礎を築いた重要な車種の一つである。

1978年 初代『フォルテ/L200』

北米を中心に海外での小型ピックアップトラックの需要は大きく、「世界的に通用する車を作って世界市場に進出する」という方針のもと誕生。日本の旧大江工場(愛知県)、一部はタイのラムチャバン工場で生産し、グローバルに展開した。

北米、タイ、サウジアラビアで行った大規模な耐久走行試験によって耐久性と堅牢性を磨き上げたことから、日本ではイタリア語で「強い」を意味する『フォルテ』と名付けた。

また、発売から2年後の1980年にはパートタイム式の4WD車を追加し、後のパジェロやデリカ(4WD)などの4WD車の礎となった。

1986年 2代目『ストラーダ/L200』

2代目では、コンパクトなサイズで近代的かつ力強いスタイリング、クラストップレベルの居住性を実現したシングルキャブを1986年に発売。

ピックアップトラックに求められる耐久性、堅牢性、耐腐食性を高めながら、プライベートユースでも快適な操縦安定性を実現した。1991年に追加したダブルキャブは、オフローダーとしての迫力あるワイドフェンダーやアウトドアレジャーにも最適な機能装備を採用。日本ではイタリア語で「道」を意味する『ストラーダ』として販売した。

新たなピックアップトラック間もなく発表か!?

さらに今回、「Next pickup is coming soon…」とのキャプションがついた1枚のティザー写真が公開された。間もなく新たなピックアップトラックが発表されるかもしれない。

オートックワンでは情報が入り次第すぐにお届けする。

最終更新:9/20(木) 20:44
オートックワン

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ