ここから本文です

タイガー・グローバル、ポストメイツの3億ドル資金調達を主導

9/19(水) 8:30配信

Bloomberg

米サンフランシスコを拠点とするオンデマンド型配達サービス会社ポストメイツは、ヘッジファンドのタイガー・グローバル・マネジメントが主導する資金調達ラウンドで3億ドル(約337億円)を獲得したことを明らかにした。

今回の資金調達の条件は非公開で、事情に詳しい関係者1人によると、ポストメイツの企業価値は約12億ドルと評価された。これは2016年からの倍増を意味するという。同社の共同創業者で最高経営責任者(CEO)のバスティアン・レーマン氏は発表文で「19年の新規株式公開(IPO)を視野」に入れていると説明した。

食品配達事業は競争が激しく、この資金調達はポストメイツに極めて重要な支援をもたらすことになる。ポストメイツは、タイガー・グローバル・マネジメントのパートナー、スコット・シュライファー氏を取締役に迎える予定。レーマン氏は今回の資金を使い、同社は配達網を一段と効率的で信頼できるものにする計画だと語った。

原題:Tiger Global Leads $300 Million Investment in Postmates Delivery(抜粋)

Olivia Zaleski

最終更新:9/19(水) 8:30
Bloomberg