ここから本文です

アジア株上昇:中国・香港の上げ目立つ-米中に冷静さ戻るとの期待

9/19(水) 12:55配信

Bloomberg

19日のアジア株式相場は上昇。 日本株に加え、中国と香港の株価指数の上げが目立った。関税で応酬を続けている米中両国には貿易を巡る相違を解決するための時間があると見方が広がった。

MSCIアジア太平洋指数が前日比で上げているほか、MSCI新興市場指数も高い。

中国本土市場では、前日の取引で1.8%高となった上海総合指数が1.1%高の2730.85と続伸して終了。深圳総合指数は1.4%上昇。香港でもハンセン指数が1.2%高で引けた。本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は1.8%値上がり。

シュルツ・アセット・マネジメント(ニューヨーク)を創業したジョージ・シュルツ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンの番組で、「近いうちに何らかの交渉を通じた解決策が打ち出される可能性が高まっている」と指摘。「最終的には冷静さが戻るだろう。そうでなければ極端なスタンスと仕返し合戦で米中双方とも墓穴を掘ることになるためだ」と語った。

原題:Asia Stock Rally Extends to Second Day; Yuan Gains: Markets Wrap(抜粋)

Adam Haigh

最終更新:9/19(水) 17:41
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ