ここから本文です

(時時刻刻)核の新提案、米の出方探る 北朝鮮、交渉再開狙いか

9/20(木) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 寧辺(ヨンビョン)の核施設を永久廃棄。ただし、米国が相応の措置をとれば――。19日に南北首脳が署名した「共同宣言」では、そんな内容が成果として打ち出された。だが、米側が強く求めてきた核施設の申告は含まれなかった。行き詰まっている米朝交渉を動かしたい北朝鮮が、「新提案」で米側を揺さぶった可能性がある。▼1面参照

 「朝鮮半島を核兵器と核の脅威のない平和の地にする」
 金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は19日の共同記者会見で、5日に訪朝した韓国特使団に対して使った表現を繰り返した。非核化の「理想」は語ったものの、発表された平壌共同宣言には、非核化対象リストと行程表の申告、それらの検証といった米国の要求に応える部分は見当たらなかった。…… 本文:3,328文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社