ここから本文です

ルノーF1、シンガポールGPで”スペックC”PUの進歩を確信「15kWのパワーアップがあった」

9/20(木) 8:38配信

motorsport.com 日本版

 ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、カスタマーであるレッドブルのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がシンガポールGPで2位となったことで、ルノーの”スペックC”パワーユニット(PU)の進歩を立証できたと話した。

【動画】F1第15戦シンガポールGP決勝ハイライト


 ルノーは、イタリアGPに最新仕様のスペックCと呼ばれるPUを持ち込んだが、信頼性に懸念があるとしてこれを使用はしていない。マクラーレンも同様だが、レッドブルだけがこれを実際に導入している。

 フェルスタッペンとそのチームメイトであるダニエル・リカルドは、シンガポールGPの週末にエンジンマッピングの問題に苦しめられたものの、最終的にフェルスタッペンが2位でレースを終えた。


 アビテブールによれば、この結果はPUの可能性を示す良い指標になったという。

「スペックCに取り組んでいる全ての人々にとって非常に良いご褒美だ」と彼はmotorsport.comに語った。

「我々は状況的に、スペックCが完璧ではないことを認識している。しかしそれは、15キロワットに相当するパワーアップをもたらす能力があることが分かった」

「我々が予想していた通りのことが起こっている。ダニエルはマッピングの限界を引き出す方法を見つけたと思うし、おそらくマックスも自分でそのやり方を見つけるはずだ」

「しかし正直に言えば、エンジンへの対処はドライバーではなく、我々の仕事だ」

「だが、スペックCがいくらかリスクを伴うPUであることは明らかであり、今回の(レッドブルがスペックCを使う)取り決めを誰もが尊重することを期待している」

 レッドブルは、次戦ロシアGPでスペックBのPUに戻すかもしれないと示唆したが、アビテブールはスペックCの最適化がさらに進められるとみている。

「当然、マッピングの問題は解決されるだろう」

「マッピングはトラック毎に異なる要素だが、我々はレッドブルと共により良い仕事をし、さらにその力を引き出せるかやってみるつもりだ」

Adam Cooper

あなたにおすすめの記事