ここから本文です

安倍首相が自民総裁に連続3選(全文2完)憲法改正は結党以来の大きな目標

9/20(木) 22:30配信 有料

THE PAGE

 自民党総裁選は20日午後1時から投開票が行われ、安倍晋三首相(党総裁)が計553票を獲得し、連続3選を果たした。石破茂元幹事長は計254票と善戦した。

 20日は自民党本部で国会議員(計405票)による投票が行われ、既に締め切られた党員・党友によるいわゆる地方票(計405票)と合わせて開票された。それぞれ405票ずつの計810票で争われたが、このうち議員票の有効投票数は402票だったため過半数は404票となり、安倍首相が新総裁に選出された。

 総裁選終了後の午後6時から安倍首相が記者会見を行い、全世代型の社会保障改革、戦後日本外交の総決算、そして憲法改正に取り組む意向をあらためて示した。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】自民総裁選 安倍首相が石破氏を破り連続3選 憲法改正に意欲 」に対応しております。

     ◇     ◇
日本テレビ:すみません、日本テレビの【ヤマザキ 00:14:33】です。内閣改造、党役員人事を国連総会から帰国次第行う意向を示されましたが、具体的には人事はいつ行う方針でしょうか。挙党態勢ではなく適材適所で臨む意向を示されていますが、その意味するところを詳しくご説明ください。

 また、麻生副総理兼財務大臣、菅官房長官、二階幹事長ら、政権の骨格を維持するお考えでしょうか。
安倍:大変、今、具体的なことを質問されましたけど、まさに先ほど総裁選挙、結果が出たばかりでありまして、それを受けてこれから考えていこうということでありました。総裁選挙を行っている最中に人事のことを考えるのは、まさに一生懸命頑張っていただいている方々に対して失礼でありますから、まさに私も総裁選挙、そして総理大臣としての仕事がありますからそこに集中をしてまいりました。これからよく考えていきたいと思っております。ですから、いつ党役員人事、そして改造を何月何日にやるということは今、申し上げることはできませんけど、だいたい予測はつくだろうというふうに思います。 本文:5,077文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

THE PAGE プラスの記事一覧へ戻る

最終更新:10/2(火) 14:01
THE PAGE