ここから本文です

文大統領 白頭山に向け出発=金正恩氏も同行

9/20(木) 8:41配信

聯合ニュース

【平壌(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】南北首脳会談のために訪朝している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は最終日の20日、北朝鮮最高峰の白頭山へと出発した。この白頭山行きは、文大統領が平壌入りしてから北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が提案したもので、金委員長も同行する。

 白頭山(標高2744メートル)は中国との国境にある。文大統領は20日朝、宿泊先である平壌の百花園迎賓館を出発した。平壌の順安空港から韓国空軍機に乗り白頭山最寄りの三池淵空港まで移動し、そこで車に乗り換え、頂上の将軍峰を目指す。

 韓国青瓦台(大統領府)によると、天候が良ければ、頂上付近にある火口湖・天池に行く可能性もあるという。

 文大統領の随行員も北朝鮮の高麗航空機で移動し、白頭山に同行すると伝えられた。

 文大統領は白頭山を訪問後、一度平壌に寄ってから韓国に戻る見通し。

 白頭山は朝鮮半島最高峰で「聖山」とされ、日本による植民地時代には白頭山付近が抗日パルチザン闘争の根拠地だった。北朝鮮では故金日成(キム・イルソン)主席の直系を「白頭血統」と呼んでいる。

文大統領と金委員長が白頭山を訪れる=(聯合ニュース)[https://youtu.be/27T1c1OblTY]

最終更新:9/20(木) 9:09
聯合ニュース