ここから本文です

小中学生対象「化学まつり2018」長崎大薬学部9/22

9/20(木) 17:45配信

リセマム

 長崎県理科・化学教育懇談会は2018年9月22日、「化学まつり2018~めざせ!未来のノーベル化学賞~」を長崎大学薬学部で開催する。対象は、小中学生と保護者。さまざまな化学実験などが体験できる。参加無料。事前申込不要。

関連画像を見る

 国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」の助成を受けて行われる小中学生向け化学イベント。子ども自身の手で実験して、不思議な化学の世界を体験してもらおうと、「暗闇で光るプラスチック」「果物でオルゴールを鳴らしてみよう」「えんぴつの芯で燃料電池を作ろう」など、12のテーマで実験を展開する。

 「植物は“くすり”の宝箱!薬用植物園散策ツアー」も全4回実施する。出発時間は、午前11時、午後1時、午後2時、午後3時。雨天時の実施は、当日の状況を見て判断し、散策が困難な場合は多目的ホールでハーブティー体験などを行う予定。

 参加無料。事前申込不要。参加希望者は当日、直接来場して受付を行う。なお、薬用植物園散策ツアーと「シュワシュワ泡の出るバスボムをつくろう」の実験は、当日予約が必要となる。また、来場者が多い場合は、体験できる実験数を制限することがあるという。

◆化学まつり2018~めざせ!未来のノーベル化学賞~
日時:2018年9月22日(土)午前の部10:00~12:30、午後の部13:30~16:00
会場:長崎大学薬学部 文教キャンパス(長崎市文教町1-14)
【受付】薬学部玄関前(1階)
【実験】学生実習室(1階)、多目的ホール(2階)、薬用植物園
対象:小学生・中学生およびその保護者
参加費:無料
事前申込:不要(当日随時受付)
※来場者が多い場合は、体験実験数に制限あり

《リセマム 奥山直美》

最終更新:9/20(木) 17:45
リセマム