ここから本文です

(社説)米中通商紛争―話し合いで打開策探れ

9/20(木) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 制裁と報復の連鎖に、歯止めがかからない。
 米国は中国からの輸入品に対し、知的財産侵害を理由にした3度目の高関税措置を、24日に発動すると発表した。中国もすぐに「自らの正当な権益と世界の自由貿易秩序を守るため、同時に対抗措置をとらざるをえない」と表明した。
 経済力で世界1位の米国と2位の中国の不毛な消耗戦は、両国だけでなく世界経済を疲弊させかねない。まずは検討していた閣僚級の協議を開き、打開策の糸口を探るべきだ。
 米国の制裁の対象は2千億ドル(約22兆円)分。発動済みの2回分と合わせると制裁規模は2500億ドルで、中国からの年間輸入のほぼ半分にあたる。…… 本文:958文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社