ここから本文です

レイデオロ、オールカマー厩舎情報/美浦トレセンニュース

9/20(木) 17:30配信

netkeiba.com

 オールカマー(GII・中山芝2200m)に出走するレイデオロ(牡4・美浦・藤沢和雄)が、ウッドチップコースで神戸新聞杯(GII)に出走するゴーフォザサミット(牡3・OP)と併せて追い切りを行った。追い切りに騎乗したクリストフ・ルメール騎手のコメント。

「今回は長い休み明けですが、今週からコンディションがパワーアップしています。追い切りはまだ少し重い感じもありましたが、動きも息の入りも良かったです。反応も良くて、フットワークのバランスもとても良かったです。

 前走(ドバイシーマクラシック・G1・4着)もダリオ(バルジュー)騎手が乗った2走前(京都記念・GII・3着)も掛かっていましたが、レースのペースがとても遅くてリラックスできず厳しかったです。今週(9/20)の追い切りでは掛からず走れていましたし、フィジカル、メンタルの両面が成長して本当のトップレベルになってきたと思います。

 GIレースが大事で、今回はトライアルレースではありますが、スムーズなレースをして、自分のリズムで走れればと思っています」

(取材・文:佐々木祥恵)

最終更新:9/20(木) 17:41
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事