ここから本文です

ルノーが自動運転EVで配達、「ラストマイル」の課題解消へ…ハノーバーモーターショー2018

9/20(木) 16:12配信

レスポンス

ルノーは9月19日、ドイツで開幕したハノーバーモーターショー2018(IAA商用車)において、コンセプトカーの『EZ-PRO』(Renault EZ-PRO)を初公開した。

画像:ルノー EZ-PRO

EZ-PROは自動運転のEVで、最新のコネクテッド技術を搭載し、シェアモビリティにも対応。物流における「ラストマイル」(エンドユーザーへの配達)での使用を想定しており、荷物の配達の効率化が追求されている。

ルノーによると、ラストマイルの配達は都市の交通量の30%を占めるという。EZ-PROは、カーシェアによる柔軟な配送ソリューションや自動運転を通して、ラストマイル配達の課題の解消を目指す。例えば、朝夕の通勤時の交通量を減少させ、駐車中の配送車両による渋滞も減少。交通管制センターなどの都市インフラに、EZ-PROを接続することで、スムーズな交通の流れが促進されるという。

ユーザーは荷物受け取りの際、配達時間と場所を指定することが可能。コンシェルジュによる荷物の受け取りと、EZ-PROの車体のロッカーでの荷物受け取りを選択することもできる。24時間365日アクセス可能なEZ-PROのロッカーは、スマートフォンのアプリケーションから一度限りのアクセスキーを得ることにより、ユーザーが開くことができる。

EZ-PROは無人の自動運転で、隊列を組んで走行。1台だけ独立して走行することもできる。フロントアクセス、ジョイスティックコントローラー、4輪ステアリングも採用。ルノーは、EZ-PROには配送や物流会社、小売業者などの幅広いニーズを満たすカスタマイズ可能なモジュールを備えている、としている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/20(木) 20:51
レスポンス