ここから本文です

法善寺にハラミ店「北新地はらみ」 ミナミ初出店、限定コースも /大阪

9/20(木) 12:33配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ハラミ専門店「北新地はらみ 法善寺店」(大阪市中央区道頓堀1、TEL 06-6214-5667)が9月19日、大阪・ミナミの法善寺横丁にオープンした。運営はプレミアム(安土町)。(なんば経済新聞)

オーナーの服部融快さん

 2017年7月に1号店を北新地にオープンし、今年3月に2号店の天満店、7月に会員制の別邸をオープンした「北新地はらみ」。イタリア料理店「ポンテベッキオ」で修業した服部融快(ゆうかい)さんが手掛けており、今回で4号店となる。店舗面積は約80平方メートルで、座席は23席。

 「新地と聞くとハードルが高いように感じるが、ミナミなら行きやすいのではと思った」ことから出店を決めたという。「ミナミならどこでもよかったのではなく、親しみや由緒のある法善寺を選んだ」とも。

 メニューは既存店で一番人気の「北新地はらみのステーキ」(100グラム=1,836円~)や「ハラミユッケ風 トリュフ添え」(1,944円)、「ハラミとキャビアのスプーン」(1,296円)などのほか、「特上ハラミコース」(7,560円)や「幻のハラミコース」(9,720円)などのコース料理も。ミナミは訪日外国人客が多く訪日外国人客に神戸牛が人気であることから、神戸牛を使用した同店限定コースも用意する。

 限定コースでは、デンマークで生まれ育った日系2世兄弟の井上聡さんと清史さんによるファッションブランド「THE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエブラザーズ)」と美術家ジュリアン・コロンビエさん、鹿児島で活動する陶芸作家の城戸雄介さんによる陶磁器メーカー「ONE KILN CERAMICS(ワン キルン セラミックス)」の3社がコラボした皿を使う。鹿児島の火山灰を混ぜた黒の皿に、ジュリアン・コロンビエさんがクレパスでカラフルな植物を描いているのが特徴。

 営業時間は17時~23時。日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

あわせて読みたい