ここから本文です

5敗目で今場所大関とり絶望的…御嶽海「ツラ相撲」の限界

9/20(木) 11:59配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 相撲用語に「ツラ相撲」というものがある。連勝が長く続いたと思えば、連敗しだすと止まらない。つまり、同じ星が「連なる」ことから、その名がついた。反対に勝ちと負けを交互に繰り返すことを「ヌケヌケ」と言う。

 このツラ相撲、御嶽海(25)の特徴でもある。大関とりのかかった今場所は初日から5連勝。しかし、8日目から3連敗を喫し、10日目の時点で6勝4敗。大関昇進基準となる「3場所33勝」をクリアするためには、今場所は最低でも11勝はしなければいけない。つまり、あと1敗も許されない状況で11日目を迎えたのだ。

 そして昨19日の魁聖戦だが、結果はあえなく黒星。これで4連敗、6勝5敗となり、今場所後の大関昇進は絶望的となった。今年の1月場所、3月場所はいずれも5連敗を経験。その癖もここ最近は解消されたかと思えば、これである。

 ある親方は「ちょっと残念な相撲だった」と、こう続ける。

「御嶽海は土壇場に追い込まれ、『もう負けたくない』という思いが先行してしまったのではないか。魁聖には先場所、勝ったとはいえ立ち合いで押し込まれている。だからこそ、今回は立ち合いで当たってから左に回るという安全策を取ったのでしょう。しかし、魁聖の出足が鋭かったため、瞬時に対応されて寄り倒されてしまった。いわば、策が裏目に出てしまった格好です。御嶽海は決してメンタルが弱い力士ではないが、一度負けると考えこんでしまうのか、その後の相撲が安定しない傾向がある」

 大関ともなれば、これまで以上に結果を求められる。勢いに乗っているときはともかく、調子が悪いときでもそれなりの結果を残さなければいけない。大関でもツラ相撲ばかりでは優勝はおろか、番付の維持も困難。それ以前に、昇進すらかなわない。

 かつて同じ出羽海一門の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は、御嶽海を「彼なら押し相撲を極められる」と話していた。それくらい、素材は一級品なのだ。

 今場所、残りすべて勝てば10勝5敗で、来場所の大関とりにつながる。一皮むけてほしいものだが……。

Yahoo!ニュースからのお知らせ