ここから本文です

【WWE】NXT史上初の「統一戦」は反則裁定に

9/20(木) 16:25配信

東スポWeb

【フロリダ州オーランド19日(日本時間20日)発】WWE・NXT大会で、NXT史上初の「統一戦」が実現した。

 この日、北米王者リコシェ(29)と英国王者ピート・ダン(24)がそれぞれの王座を懸けて激突。勝ったほうが2か国でWWE管轄の王者となる重要な一戦だ。

 試合巧者同士の一戦は相手の出方を読みながらスタート。まずダンが得意のサブミッションでリコシェの左腕を集中的に攻め続ける。それでも新日本プロレスやドラゴンゲートで活躍したハイフライヤーは、トペ・スイシーダやシューティングスタープレスで一歩も譲らない。

 リコシェの勢いは止まらずリバースのフランケンシュタイナー、DDT、さらには雪崩式フランケンシュタイナーからのフェイスバスターでダンを追い詰めるが、惜しくもカウント2・9。逆にダンの三角絞め、左腕へのアームロックを決められてピンチに陥る。これを強引に外したリコシェは垂直落下式ブレーンバスターを炸裂させると両者ダウンとなってしまう。

 するとそこに抗争中のNXTタッグ王者アンディスピューテッド・エラ(ロデリック・ストロング、カイル・オライリー)が乱入して試合をブチ壊してしまう。ウォー・ライダーズ(レイモンド・ロウ、ハンソン)が駆けつけて救済するも試合は反則裁定。しかし両王者の激闘、さらには登場人物6人全員が日本でもおなじみの選手という豪華な展開に、会場では「NXTコール」が爆発していた。

最終更新:9/20(木) 18:41
東スポWeb