ここから本文です

池袋東武で「秋のフードフェス」-肉ケーキ・層スイーツなど限定フード続々 /東京

9/20(木) 13:46配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 東武百貨店池袋本店の地下1階、地下2階食品売り場で9月20日(木)、「秋のフードフェスティバル」が始まった。(デパチカドットコム)

断面が美しい「層スイーツ」

 今回のテーマは「芸術の秋」。「秋の彩り手毬鮨詰め合わせ」(関山)や「「秋の華やか二段小箱」(まつおか)などの彩り豊かな弁当や総菜をはじめ、「スタンディングミルフィーユ」(ユーハイム)や「ヴェリーヌ ベルエレーヌ」(ダロワイヨ)といった何層も重ねた断面が色鮮やかなスイーツなど、「芸術作品のように美しく仕上げた」(広報担当)東武企画品34種類を取りそろえる。

 弁当・総菜での注目は「肉ケーキ」「海鮮バーガー」。「バルマルシェコダマ ミートデリカテッセン」は、炭火焼きローストビーフとアボカドを十五穀米でサンドしジンジャーソースを絡めて食べる「ローストビーフケーキ」(597 円)を販売。「北辰鮨」は、マグロやマダイ、イクラ、エビの4種の海鮮と、アボカド、パプリカなどの具材を、刻んだガリを食感のアクセントにしたシャリでサンドした「北辰バーガー寿司」(1,590円、各日限定10点)を販売する。

 スイーツでは秋色の断面が美しい「層スイーツ」に注目。「京橋 千疋屋」はほうじ茶が香る大人の味わいのショートケーキにリンゴ、ブドウ、柿、イチジクといった秋フルーツをデコレーションした「ほうじ茶のオペラ風ショートケーキ」(843円、各日限定35点)を販売する。「虎屋ういろ」はカボチャ、サツマイモ、紫イモなどのフレーバーを5層のコントラストで仕上げた、定番の味を一度に食べられる「秋色ういろ」(長さ約19センチ=571円、各日限定30点)を、「菓匠花見」は弾力ある食感のとら生地で栗きんとん餡(あん)と小豆きんとん餡を挟み、秋らしく練りきり製のもみじをトップに飾った「5層とら焼き」(324 円)を販売。

 ベーカリーには秋の味覚、栗を使ったパンが登場し、「パンリゾッタ」は栗に見立て、カンパーニュ生地の中に栗の甘露煮を丸ごと忍ばせた「栗坊」(120 円)と、サクサクのパイ生地と濃厚なマロンクリーム、栗の蒸し煮が一体となった「マロンエトフェ」(340 円)を販売する。

 フェア開催は10月3日(水)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

Yahoo!ニュースからのお知らせ