ここから本文です

【神戸新聞杯】メイショウテッコンが“2段構え”の併せ馬

9/20(木) 17:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 ラジオNIKKEI賞勝ちのメイショウテッコンはCウッドで半マイルから馬なり。ただし、その中身は“2段構え”のような併走追いで中身は濃い。

 外にいた馬を追い掛けるような形でスタートし、その相手は早々と脱落。今度は直線の残り1Fからインから併せてきたパートナー相手に馬なりで先着の4F52秒6―38秒5、1F12秒0。いい反応で久々でも動けそうな気配。馬体の仕上げも進んでいる。

 ダービー⑨着以来のアドマイヤアルバは今月に入って2週連続で併走追い。けさもCウッドでパートナーを追い掛けて、最後は頭差先着。時計は6F87秒1―40秒6、1F12秒2。相手の方が手応えは上回ったが、重いというイメージはない。ここまでしっかり乗り込んで仕上がりはいい。

 美浦ではゴーフォザサミットがウッドでレイデオロを入れた3頭併せ。2番手を追走して、直線は真ん中へ。レイデオロが追いつくと、2頭で前をとらえて5F69秒5―39秒9、1F12秒5。最後はレイデオロに首遅れたが、先輩GⅠ馬を相手にしぶとく食らいついていた。休み明けの札幌記念を使って上積みが感じられる。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ