ここから本文です

テニス=大坂がストレート勝ちで8s強へ、東レ・パンパシフィックOP

9/20(木) 8:44配信

ロイター

[19日 ロイター] - 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは19日、アリーナ立川立飛で試合を行い、シングルス2回戦で第3シードの大坂なおみ(20)がドミニカ・チブルコバ(スロバキア)にストレート勝ちを収めて準々決勝進出を決めた。

先日の全米オープンで日本人初のグランドスラムでのシングルス優勝者となった大坂は、思い切り良く力強いショットを披露して、1時間とかからずに6―2、6―1でチブルコバを退けた。

日本での開催で大きな声援を受けた大坂は、試合後「本当に難しかった」と振り返り、「あなたたちの前でプレーできたことに感謝している」と述べた。

他では、第2シードのキャロリン・ガルシア(フランス)と第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)は勝利したが、グランドスラム2回の優勝経験を持つ第6シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)が、アリソン・リスク(米国)に敗れた。

最終更新:9/20(木) 8:46
ロイター

Yahoo!ニュースからのお知らせ