ここから本文です

八戸にブックバー&カフェ「AND BOOKS」 書籍2千冊を用意 /青森

9/20(木) 17:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 店内に2千冊の書籍を用意するブックバー&カフェ「AND BOOKS」(八戸市十六日町)が八戸市にオープンし2カ月となった。オープン日は7月15日。(八戸経済新聞)

「AND BOOKS」の本棚

 カウンター席のみの店内は、白を基調としテーブルや随所に木目を生かす。店内の壁際には書店や図書館のように本棚がずらりと並ぶ。紀行記や小説、インテリア、料理など幅広くそろえる。特に日本史関係の歴史物は本棚一つを丸々使いそろえる充実ぶりだ。

 チャージは無料で、ドリンクはスコッチウイスキーを中心にビール、日本酒、コーヒー、紅茶などを用意する。キーマカレーやピラフ類の日替わりフードも用意する。

 店主の本村春介さんは「八戸には今まで無い店で、自分が欲しかった店を造りたかった。4月から内装作業などをコツコツと手作業で行ってきた」と話す。「お通しや席料はいただいていないので映画の待ち合わせなど喫茶店的にも使ってほしい」とも。

 市内から訪れていた女性来店客は「数回来たが、一人でも入りやすいし、居心地も良い。本もたくさんあるし好きなだけ居ることができる」と話す。

 営業時間は18時~24時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】