ここから本文です

コシノジュンコ氏 希林さんを悼む「芯がしっかりしたすてきな方」

9/20(木) 18:05配信

東スポWeb

 世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏(79)が20日、大阪市内の大阪府公館で行われた大阪府主催「大阪文化芸術FES2018」(29日~11月4日)の概要発表会に登場した。

 昨年に続き2回目となる同フェスは、上方伝統芸能、上方演芸、音楽コンサートなど多彩な文化プログラムを府内各所で集中的に実施するもの。コシノ氏は「“SPECTRUM”of OSAKA by JUNKO KOSHINO」(10月28日=大阪府庁本館)を開催する。

 30年ぶりの大阪でのファッションショーに「大きいだけでなく、心のこもった何か意味のあるものを開催したかった」というコシノ氏。大阪・岸和田市出身とあって、先週末に開催された「岸和田だんじり祭」にも行ってきたそうで「だんじりのおはやしを表現したい。私自身楽しみにしていて、大阪人らしいショーをやってみたい」と意気込んだ。

 コシノ氏といえば、多くの文化事業に関わりを持ち、2019年2月までフランス・パリで開催中の「ジャポニスム2018:響きあう魂」にも参画。7月に行われた出陣祝賀会では、15日に死去した女優・樹木希林さん(享年75)と同席した。

 希林さんの夫の内田裕也(78)とは交流があるものの、希林さん自身とは深い交流はないというコシノ氏だが「当日、車椅子で近くにいらっしゃったので、ごあいさつしたら『ご活躍ですね』と言われて、すごくうれしかったです。髪もきれいにカットされてて、すてきだなと思いました。あの方は芯がしっかりしてて、目が見えないことも言わなかった。普通だったら、愚痴も言いますけど(希林さんは)一切言わない。カッコイイですね」とその死を惜しんだ。

最終更新:9/20(木) 18:08
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ