ここから本文です

ヤフー、アドフラウド(不正広告)対策で一部広告事業者を配信停止に

9/20(木) 19:30配信

ねとらぼ

 ヤフーは9月20日、昨今問題視されている「アドフラウド」対策の強化のため、21日より一部の事業者による広告配信を一時的に停止すると発表しました。

【画像:漫画村に仕込まれていた不正広告(再現イメージ)】

 アドフラウドとは、さまざまな方法を用いて広告主から不正に広告費をだまし取る手法のこと。例えばサイトの訪問者を広告で埋め尽くされたページに飛ばしたり、目に見えない状態で配置した広告を「見た」とカウントしたり、botなどを使ってクリックやインプレッションを水増ししたり――といった手口があり、これらはいずれも広告としては一切効果がないため、広告主や関係者の間でも昨今、問題視する声が強くなっていました。

 これらの問題を解決するため、ヤフーは21日より、既に直接取引があり、安全性が確認できているサイトを除き、広告配信の一部を一時的に停止すると発表。また今回配信を停止したサイトについては、配信基準を厳格化したうえであらためて安全性の確認を行い、順次配信を再開していくとしています。

 現在のWeb広告は配信の仕組みが複雑化しており、広告主や配信事業者でさえ、自分の広告がどんなサイトに出ているのかを正確に把握するのはほぼ不可能とされています。アドフラウドはこうした仕組みを悪用したもので、中には悪質な広告ばかりを扱う、悪質な広告事業者も存在していました。

 ヤフーでは今後も、広告配信面の審査やパトロールの強化、サイト運営者確認の厳格化などを行っていくとしており、Web広告の健全化に向けた大きな一歩となりそうです。

ねとらぼ

最終更新:9/20(木) 19:30
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事