ここから本文です

宝塚「エリザベート」観客動員250万人 トップ珠城「さらに愛される作品に」

9/20(木) 16:39配信

デイリースポーツ

 宝塚歌劇団月組が兵庫・宝塚大劇場で上演中の「エリザベート~愛と死の輪舞(ロンド)~」が20日、観客動員250万人を突破。主人公の黄泉の帝王トートを演じているトップスターの珠城(たまき)りょうが「この公演で250万人のお客さまにご観劇いただきました。本当にありがとうございます」とあいさつした。

【写真】珠城りょうが「まつげを守るのに必死」になったシーンとは…

 同作はウイーン発のミュージカルで、1996年に当時の雪組トップスター一路真輝の退団公演として日本で初演された。以来再演を重ね、今回の月組公演で10回目。珠城は「この作品に関わってこられたすべての方々のご尽力と、そして何よりこれまでずっとこの作品をご支持いただき劇場へ足をお運びいただいたお客さまのおかげでございます」とファンに感謝した。

 またタカラヅカだけではなく、外部でも上演される大人気演目だけに「初演より各組で上演されて愛され続けてきた作品ですが、これからもさらに皆さまに愛され続ける作品となりますよう、月組出演者一同、精いっぱい、心を込めて舞台をつとめてまいります」と決意を新たにしていた。

あなたにおすすめの記事