ここから本文です

動物愛護、小中学生の絵とポスター 津の「あすまいる」 入賞30点、きょうから展示 三重

9/20(木) 11:00配信

伊勢新聞

 三重県は19日、動物愛護の絵とポスターの審査結果を発表した。入賞した30点を20日から、津市森町の動物愛護推進センター「あすまいる」で展示する。

 最高位の知事賞には、四日市市立四郷小1年、宇野煌琉さん、菰野町立朝上小5年、伊藤祢々さん、鈴鹿市立千代崎中3年、境美咲さんの作品を選んだ。

 夏休み中、県内の小中学生らを対象に作品を募集。1万325点が寄せられた。小中学校の美術教諭らでつくる審査会が選考した。

 入賞者の作品は24日まで「あすまいる」で展示した後、12月11日までショッピングセンターなど県内の11カ所で巡回展示する。

伊勢新聞

最終更新:9/20(木) 11:00
伊勢新聞