ここから本文です

新米の季節! 具材に合わせたお米選びで、おむすびがさらにおいしくなる!?

9/20(木) 10:57配信

ウェザーニュース

 新米の季節がやってきました。お米の「旬」であるこの季節。とれたての新米でおむすびを作ってみませんか? 

 イタリア料理では、極細ロングタイプのカッペリーニ、平麺タイプのタリアテッレ、板状タイプのラザニアなど、料理のソースや具材に合わせて、パスタの太さや長さ、形状を変えて楽しみます。

 日本のソウルフードとも言えるおむすびも、具材に合わせてお米の品種を選んでみると、楽しみの幅が広がりそうです。

 お米ライターの柏木智帆さんが「五ツ星お米マイスター」で精米店の店主でもある小池理雄さんを取材しました。

具材の「食感」と「塩気」によって合うお米は変わる

 ひとくちにおむすびと言っても、その具材はさまざま。「おむすびの具材の食感と塩気によって選ぶお米は変わり、具材とお米の融合も変わります」と話すのは、「小池精米店」(東京・原宿)店主の小池理雄さん。

 現実的には具材に合わせて1個ずつのおむすびのお米を変えるのは難しいかもしれませんが、「おむすびやお米に興味を持ってもらうきっかけになれば…」と小池さん。しゃけ、ツナマヨなど、好きな具材が決まっていれば、すぐに試すことができそうです。

お米選びのポイントは「粒の硬さ」や「味の強さ」

 小池さんによると、お米選びのポイントは次の2点だそうです。
 ・お米の粒が硬さ・張り・味の強さ
 ・具材の味の濃さ

 ■「しゃけ」の場合
 品種:『さがびより』や『いちほまれ』
 しゃけは食感がやや硬いため、張りがあるお米が合う。また、塩味が強いので、味の強い品種のお米がオススメ。

 ■「ツナマヨ」の場合
 品種:『ひとめぼれ』
 ツナマヨは軟らかくて油っぽいため、米粒の間に流し込めるように米粒がしっかりしている品種のお米がオススメ。

「カリカリ梅」と「軟らか梅干し」でお米を使い分け

 梅の場合は、「カリカリ梅」か「軟らかい梅干し」か、食感の違いによって合うお米も変わると小池さんは言います。

 ■カリカリ梅の場合
 品種:『森のくまさん』
 カリカリ梅は、噛むと硬いまま細かくなるので、お米の粒がしっかりしてパラパラのカリカリ梅をキャッチできるお米がオススメ。この品種は塩味を程良く中和できる味の強さもある。

 ■軟らかい梅干しの場合
 品種:『にこまる』
 しっかりとした粒と軟らかめの食感のお米の方が、梅干しの果肉としっかり混ざり合う。強い塩味も受け止められる味わいがあるお米。

お米の種類を選んでおむすびを楽しもう

 おむすびはあくまでお米が主役と考えると、具材だけでなく、お米を選ぶという小池さんの提案に納得。

 ただし、「品種は一般的な味わいということで、産地や生産者によって違います」と小池さん。しゃけの場合は脂の強さや塩味、ツナマヨの場合は軟らかさなどに違いがあります。
 小池さんの提案を参考にしながら、自分好みのお米を探してみてはいかがでしょうか。

 取材・文/柏木智帆(お米ライター)

ウェザーニュース

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ