ここから本文です

ポール・マッカートニーの創作の原点は「喪失」 ザ・ビートルズ時代を振り返る

9/20(木) 7:00配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。9月3日(月)のオンエアでは、emmaとのコンビでお届け! ここでは「FEATURE TOPICS」のコーナーをご紹介します。

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー。この週は、10月31日からジャパンツアーを行うポール・マッカートニーを大特集しました。

イギリス・リヴァプール生まれで現在76歳。1960年代にザ・ビートルズとして世界を席巻し、ロックの礎を築いた誰もが知るロックスター、ポール・マッカートニー。ギネス世界記録では、「ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家」として認定され、母国イギリスからは名誉勲章を与えられるほどの偉人です。

emma:私も大好きです。76歳でこれだけエネルギッシュなのはすごいと思うし、私も元気づけられます!

自らの記録を破る快進撃…一躍スターに

1942年6月18日、第2次世界大戦の最中、イギリス・リヴァプールでアマチュアミュージシャンの父ジェームスと、母メアリーの間に生を受けます。エルヴィス・プレスリーを中心としたアメリカのロックンロールに夢中になり、自分と同じくロックに影響を受けた、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターと共にザ・ビートルズを結成。

1962年にシングル『Love Me Do』でデビュー。ジョン・レノンと共にソングライティング・コンビ「レノン=マッカートニー」としてオリジナル曲を制作。職業作曲家が曲を作るのがメインだった当時、シンガーが自分たちで曲を作るのは珍しかったそう。また戦略的に作られたマッシュルーム・ヘアー、スーツ、演奏後には必ずお辞儀をするというスタイルは、瞬く間にイギリスの若者の心を掴み、1stアルバム『Please Please Me』はイギリスのメロディ・メーカー誌で30週連続1位を記録。そしてこの1位を引きずり降ろしたのは、自らの2ndアルバム『With The Beatles』でした。

一気にスターダムを駆け上がったザ・ビートルズは1964年にアメリカ進出も果たし、その人気は世界中に広がり、「ビートルマニア」と呼ばれる熱狂的なファンを世界中に生み出しました。1966年には初来日、今ではロックの聖地とされている日本武道館を史上初めてライブ会場として使用し、その衝撃は今でも歴史として語り継がれています。

emma:飛行機から降りてくる映像とか、すごく印象ありますね。私はもちろん生まれてなかったですけど。
藤田:またメンバーだけを映すんじゃなくて、熱狂してるお客さんを映して、彼らがどれだけ騒がれてるかをアピールするっていうね。
emma:日本中が夢中でしたよね!

1/2ページ

最終更新:9/20(木) 7:00
J-WAVE NEWS