ここから本文です

ロナウドが涙の一発レッドもユーヴェが底力見せる

9/20(木) 7:22配信

SPORT.es

クリスティアーノ・ロナウドが涙の退場処分を受けた。
日本時間19日(水)28:00から行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループH開幕節のバレンシア対ユヴェントスの一戦で事件が起こった。

CR7擁するユヴェントスの宿泊先が襲撃される

前半29分、相手ペナルティボックス内でDFジェイソン・ムリージョに対し、“乱暴な行為”を行ったとしてユヴェントスのポルトガル人、クリスティアーノ・ロナウドが一発退場を受けている。映像からはロナウドが“乱暴な行為”を行ったような様子は確認することが難しかったが、ロナウドは涙を流しながらピッチを去っている。

試合は、数的不利となったセリエA王者のユヴェントスであったが、ミラレム・ピャニッチが2つのペナルティキックを沈め2-0で勝利している。

対するバレンシアはロナウド退場による数的有利を活かせず、26本のシュートを放つも完封負けを喫した。

【得点者】
45分:PK/ミラレム・ピャニッチ(ユヴェントス)
51分:PK/ミラレム・ピャニッチ(ユヴェントス)

合計スコア:バレンシア 0-2 ユヴェントス

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:9/20(木) 7:22
SPORT.es

あなたにおすすめの記事