ここから本文です

大坂に完敗、元世界4位は脱帽「私の試合ではなかった」<東レPPO>

9/20(木) 10:13配信

tennis365.net

東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2018

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018(東京/立川、ハード、プレミア)は19日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク30位のD・チブルコワ(スロバキア)は第3シードの大坂なおみに2-6, 1-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

【大坂ら東レPPO対戦表】

序盤から大坂の強打に圧倒されたチブルコワは第1セットを落とすと、第2セットは第2ゲームから6ゲームを連取されて59分で敗れた。

試合後の会見で元世界ランク4位のチブルコワは「私の試合ではなかった。全くリズムを見つけられなかった。大坂選手のサーブが素晴らしかった」と完敗を認めた。

続けて「あれだけ強いサービスを打たれるとプレッシャーになる。簡単なボールを与えてくれなかった」と脱帽した。

チブルコワは2016年の東レ パン パシフィック オープンでも大坂に敗れており、この日で2連敗となった。

「この2年で彼女(大坂)は多くの経験を積んだ印象があり、ニューヨークでの大きな勝利の後であれば自信も深まっていると思う」

一方、勝利した大坂は準々決勝で、第8シードのB・ストリツォワ(チェコ共和国)と世界ランク27位のA・コンタベイト(エストニア)の勝者と対戦する。

最終更新:9/20(木) 10:13
tennis365.net