ここから本文です

チェルシーの若き至宝の1人、2023年まで契約更新

9/20(木) 8:42配信

SPORT.es

チェルシーの若き至宝の1人、イーサン・アンパドゥは契約を2023年まで延長した。
19日(水)、チェルシーは公式ウェブページを通してそれを発表した。

崩落のチェルシー、アブラモ政権終焉近し!?

この18歳のウェールズ人選手は2017年にエクセター・シティからチェルシーに加入して以降、公式戦7試合に出場している。
さらに現在、ライアン・ギグスが代表監督を務めるウェールズ代表ではレギュラーの1人として地位を確立しており、センターバック、もしくはボランチでプレーしている。

「僕は非常に誇らしいし、幸せだ。今後5年間を楽しみにしている。自分がやるべき事はハードワークを続ける事だ。そしたら良い事が起こるだろう」
アンパドゥはクラブのウェブページのインタビューでそのように述べている。

チェルシーのスポーツディレクターを務めるマリーナ・グラノフスカヤはアンパドゥがチェルシー加入以降、素晴らしいポテンシャルと成熟ぶりを示していると付け加えた。
「この短期間で彼は並外れたクオリティとメンタリティで多くの人々を納得させた。私達は彼が今後数年間で彼がチームにとって重要な1ピースになってくれる事を期待している」
そのように締めくくった。

SPORT.es

最終更新:9/20(木) 8:42
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事