ここから本文です

1ゴールのイスコ「ラモスがFKを譲ってくれた」

9/20(木) 11:05配信

SPORT.es

イスコ・アラルコンは、フリーキックのゴラッソによって勝利への道を切り開いた。マラガ出身の選手は、彼にキッカーを託してくれたラモスのおかげで、ゴールを決めることができたと語った。

マドリーがCL4連覇へ向け3発完勝、新背番号“7”もCL初ゴール

「あの位置からのフリーキックは得意な位置で、決めたこともあった。今日はラモスが僕に(キッカーを)譲ってくれんだ。僕のゴール、チームを助けることができたこと、そして勝ち点3を獲得できたことに満足しているよ」と『Movister』のマイクに向かってコメントした。

続けてイスコは「僕たちは、最も良い形でチャンピオンズリーグのスタートを切れたことに満足しているが、より良いゲームができるように、引き続き取り組んでいかなくてはならない。今日は非常に良いゲームができたが、ホームとアウェイの2戦を通じて戦わなくて良くするためにも、さらにもう少し良いゲームをして、コントロールできたことも事実だ」

「始まったばかりで、改善していく時間はたくさん残っている」と主張した。

マラガ出身の選手は、サンティアゴ・ベルナベウのピッチを去る際に、拍手喝采を受けたモドリッチの活躍についても強調した。イスコは彼のチームメイトにバロンドールを頼んだ。「そのことは既にわかっているよ。彼は偉大なプレイヤーで、毎試合僕たちに多くのことをもたらしてくれる。僕たちのベースとなるプレイヤーで、今年は僕たちみんなが彼のレベルに到達できることを願っているよ。彼は僕たちとクロアチア代表にとって唯一無二のキープレイヤーだから、それ(バロンドール)にふさわしいよ」

SPORT.es

最終更新:9/20(木) 11:16
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ