ここから本文です

デイキャンプに便利なアイテムが新たに登場 トヨタ「シエンタ」用カスタマイズパーツをモデリスタが発売

9/20(木) 11:41配信

Autoblog 日本版

モデリスタは、2018年9月11日より、トヨタ「シエンタ」のマイナーチェンジ発売に伴い、存在感のあるスタイリングを創出するカスタマイズアイテムと、カーライフをもっと楽しくするアクティビティアイテムをラインナップし、発売を開始した。

トヨタ「シエンタ」 カスタムアイテム40枚

「エアロキット」は、“Sensual Dynamic Presence“をデザインコンセプトに、メッキ加飾をさらにダイナミックに用いた「フロントスポイラー」(5万1,840円・塗装済)に一新。

また、「サイドスカート」(6万2,640円・塗装済)、「リヤスカート」(3万7,800円・塗装済)に加え、全グレードに適合する「リヤスパッツ」(3万4,560円)を新規設定し、標準ボディとは一味違うスタイリングに仕上げることができる。

アクティビティアイテムとして、今回より新設された2列シート車“FUNBASE“専用のアイテムとして機能的かつファッショナブルな「ラゲージウッドデッキ」(4万3,200円)、「ラゲージテーブル」(4万3,200円)が登場した。

これまでの多人数トランスポーターという使い方のほか、背の高いステーションワゴン的にキャンプ道具を載せてアウトドアを楽しむといった使い方に便利そうだ。

また、ラゲージを有効活用し、レジャーユースの幅を広げる「バックドアタープ」(3万240円)、リヤゲートを開けて座るのに便利な「ラゲージベンチシート」(1万7,280円)、バックドアにランタンや衣類を吊り下げるのに便利なバー形状の「バックドアラック」(1万6,200円)も登場した。

マイナーチェンジしたシエンタは、週末に気軽にデイキャンプするような人に便利なグッズがラインナップされ、アウトドアなどにアクティブに使う人にもおおススメできそうだ。

(※価格はすべて税込、取付工賃別)

Yokohama

最終更新:9/20(木) 13:56
Autoblog 日本版

あなたにおすすめの記事