ここから本文です

窪田正孝×柚希礼音W主演 『唐版 風の又三郎』来年東京&大阪で上演

9/20(木) 12:22配信

CINRA.NET

舞台『唐版 風の又三郎』が、2019年2月8日から東京・渋谷のBunkamura シアターコクーン、3月8日から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

【もっと大きな画像を見る】

1974年に唐十郎の状況劇場の公演として初演された『唐版 風の又三郎』は、宮沢賢治の『風の又三郎』に、ギリシャ神話やウィリアム・シェイクスピアの『ヴェニスの商人』、1973年に起きた「自衛隊機乗り逃げ事件」などをあわせて誕生した作品。精神病院から逃げてきた青年・織部と、宇都宮から流れてきたホステス・エリカとの脆い関係を、『風の又三郎』のイメージを介して描く。

織部役に2013年に出演した蜷川幸雄演出の『唐版 滝の白糸』で唐作品に初参加した窪田正孝、エリカ役に柚希礼音がキャスティング。窪田と柚希のダブル主演となる。窪田が舞台作品に出演するのは約6年ぶり。共演者には、北村有起哉、丸山智己、江口のりこ、風間杜夫、山崎銀之丞、金守珍、六平直政、大鶴美仁音らが名を連ねる。演出は蜷川幸雄、唐十郎に師事した劇団・新宿梁山泊主宰の金守珍が担当。

窪田正孝は「風のようにやわらかく 風のように凶暴に 風のように自由に 風のようにカタチにとらわれず 唐版の戯曲を、言葉遊びに酔いしれたい」とコメント。

また柚希礼音は「今まで出演させていただいた作品とは全然違う世界で、そして私ごとですが、来年芸歴20周年を迎え、その幕開けがこの作品になり、新人のつもりで体当たりで全てをかけて学ばせていただきたいと思っております」と述べている。

東京公演のチケットは11月25日10:00から販売開始。大阪公演は2019年1月中旬を予定している。

■窪田正孝のコメント
蜷川幸雄氏演出「唐版 滝の白糸」でアリダを演じたのが昨日のことのように感じます。
あれから5年も経っているとは。
再び唐版に携われることが光栄です。
風のようにやわらかく
風のように凶暴に
風のように自由に
風のようにカタチにとらわれず
唐版の戯曲を、言葉遊びに酔いしれたい。

■柚希礼音のコメント
この度「唐版 風の又三郎」に出演させていただくことになり身の引き締まる思いでございます。
今まで出演させていただいた作品とは全然違う世界で、そして私ごとですが、来年芸歴20周年を迎え、その幕開けがこの作品になり、新人のつもりで体当たりで全てをかけて学ばせていただきたいと思っております。
演出の金さんを始め、ご一緒させていただく窪田正孝さん、素晴らしい共演者の皆様からもたくさんのことを吸収させていただき、おもいっきり挑みたいと思います。
このような素晴らしい体験ができることに感謝しながら、今までの自分からもまた一つ殻を破ることができたら・・・、そして憧れのシアターコクーンで演じることができるのも楽しみです。
是非とも楽しみにお待ちください。宜しくおねがいいたします。

■金守珍のコメント
唐ワールドの魅力は何といっても異次元の世界にワープし、物語の飛躍を楽しめることだ。渦巻き状の パワーを秘めたタイムトンネルをくぐり抜けることで、限りなく自由な想像力を我々に与えてくれる。
この渦巻き状のパワーは荒々しい北風にも似て東北から生まれた宮沢賢治の世界とあいまってロマン 溢れるファンタジーの世界を醸し出している。
この度、素晴らしいキャスト・スタッフと共に「唐版 風の又三郎」をシアターコクーンで上演できることはこの上ない喜びである。
ぜひとも劇場に足を運び、唐ワールドのダイナミックで美しい飛翔のイメージとノスタルジックな叙情をたっぷりあじわって頂きたい。

CINRA.NET

最終更新:9/20(木) 12:22
CINRA.NET

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ