ここから本文です

史上4人目の快挙なるか…大谷翔平が挑む新人王レース

9/20(木) 18:00配信

ベースボールキング

日本人ルーキー初の20号

 気がつけば9月も下旬に差し掛かり、メジャーのペナントレースも佳境。各地で地区優勝チームが決まり、ポストシーズンへと進むチームも決まり始めた。

 大谷翔平が所属するエンゼルスは後半戦早々に“売り手”へと回り、主力選手を放出。ポストシーズン出場は叶わなかったものの、その中で注目を集めているのが大谷の新人王への挑戦だ。

 9月に入って猛打爆発。現地9月4日のゲームから3戦連発の4本塁打をマークすると、15日のマリナーズ戦では今季20号の本塁打。日本人選手のデビューイヤー記録を更新している。この道中では右肘の新たな損傷が発覚。投球はおろか手術を受けるかどうかの決断を迫られる場面もありながら、いまは打者に専念して成績を伸ばしている。

メジャーの「ルーキー資格」をおさらい

 9月はじめにMLB公式サイトが実施した新人王アンケートで、大谷はア・リーグ3位にあたる85ポイントを獲得。ヤンキースの新星ミゲル・アンドゥハー(1位/93ポイント)とグレイバー・トーリス(2位/88ポイント)には遅れをとったものの、その差はわずか。このあとの積み上げ次第では十分に逆転も可能であろう。

 もしも大谷が新人王に輝けば、日本人選手では野茂英雄、佐々木主浩、イチローに次ぐ4人目の快挙になるが、まずはメジャーリーグの「新人王の資格」について振り返っておこう。


【MLB・ルーキー資格】
・前年までの出場が、打者:打数130以内/投手:投球回50イニング以内 
・25人枠(登録選手枠)の登録期間が45日以内
※9月1日から拡大される40人枠については対象外


 日本も同じであるが、純粋な1年目の選手以外でも、この規定に当てはまればルーキーとみなす。一時物議を醸したこともあったが、国外のリーグで実績を残している選手も同様で、年齢に関わらず新人王の資格をもつ。

 新人王を決めるのは、記者による投票。全米野球記者協会(BBWAA)に所属する記者が1位から3位までの選手をえらんで名前を記入し、1位が5点、2位は3点、3位は1点で集計。最も得点を集めた選手が『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に輝くという流れだ。

 単純に名前が挙がった数ではなく、投票の“合計点”で決するという部分がポイント。例えば2003年のア・リーグではアンヘル・ベロアと松井秀喜が熾烈な争いを繰り広げたが、最終的にはわずか4ポイントの差でベロアがタイトルを獲得している。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事