ここから本文です

西武「熱男」山田が“師匠”の教えでプロ1号 「冷静に打席にも立てました」

9/20(木) 8:55配信

Full-Count

オフに「憧れ」のソフトバンク松田と自主トレ

■西武 12-4 日本ハム(19日・メットライフ)

 西武は19日。本拠地メットライフドーム6連戦の最後となった日本ハム戦を12-4で大勝。その勝利を引き寄せたのはプロ初スタメンを果たした4年目の元気印・山田遥楓(はるか)のバットだった。

【動画】止まらない西武打線!怒涛の12得点で圧勝! 19日の西武対日本ハム戦ハイライト

「中村のサードスタメンが続いていたので、DHでと。(山田)遥楓を使いたかったのもある」

「8番・三塁」で高卒4年目・山田遥楓のプロ初スタメン起用を決めた辻監督。9月30日に22歳を迎える若獅子に、それが告げられたのは練習前、アーリーワークの時だった。

 優勝争いを続ける中でのスタメンに山田も「緊張して練習が全然。練習した記憶がないくらい。全然。緊張しちゃって」と苦笑い。それでも先輩たちからかけられた声はしっかりと覚えていた。「試合前にいろんな先輩から声をかけてもらいました。『緊張で忘れるだろうけど、一生懸命頑張れ』って」。それは誰もが通る道。現在はレギュラーとして出場している選手たちや、ベンチで出番を待つ選手たちが通ってきた道だからこそ、山田の心境が手に取るようにわかるのだろう。

 6月16日の中日戦でプロ初打席を踏んだ際には「思いっきり行ってこい!」と送り出され、初球からフルスイング。「いいスイングだ」と首脳陣から褒められたものの「足が震えた。1軍と2軍では全然違う」と、その空気感に体は萎縮していた。

 しかし、今回は先輩の声かけも功を奏したのか「試合が始まってからは意外と冷静に打席にも立てましたし、守備にも入れたので、自分の中では『結構いい感じだな』って思っていました」と、高い集中力でプロ初スタメンの試合に臨んだ。

「正面に行っちゃったけど、いい当たりをしていた」と、辻監督も評価した第1打席の遊直を経て、4-1で迎えた4回の第2打席。この打席、山田は狙い球を絞っていた。「(第1打席で)チェンジアップを投げてきたので、ここはまっすぐしかないという感じで、まっすぐ一本で振り抜きました」。

1/2ページ

最終更新:9/20(木) 8:55
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ