ここから本文です

ロヴレン、偽証罪で懲役の可能性が…「僕は無実だと言いたい」と声明を発表

9/20(木) 13:29配信

SOCCER KING

 リヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが偽証罪で懲役刑を受けることになるかもしれない。イギリスメディア『スカイスポーツ』など複数メディアが報じている。

 同メディアによるとロヴレンは、ディナモ・ザグレブの元会長であるズドラフコ・マミッチ氏の横領事件の裁判で、元会長に有利な虚偽の証言をした疑いがあるという。元会長はロヴレンと現レアル・マドリードMFルカ・モドリッチをそれぞれリヨンとトッテナムに移籍させた際に、移籍金の半分を横領したとされている。モドリッチも同様の内容の偽証罪で今年3月に告訴されている。

 クロアチアの法律では、偽証罪は懲役6カ月から5年と定められているが、ロヴレンは無罪を主張している。19日には公式SNS上で、「僕は家族、友人、故郷のサポーター、クラブ、イングランドのファンに無実だと言いたい。僕は犯罪を犯してはいない。デヤン・ロヴレンは戦う」との声明を発表した。

SOCCER KING

最終更新:9/20(木) 13:29
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事