ここから本文です

国際平和デー 世界平和願い護国神社で揮毫奉納/秋田

9/21(金) 16:08配信

CNA秋田ケーブルテレビ

CNA秋田ケーブルテレビ

国連が、停戦と非暴力の日として定めている国際平和デーの9月21日、平和を願う※揮毫奉納(きごうほうのう)が秋田市寺内の秋田県護国神社で行われました。

今回で2回目となるこの催しは、和の精神を世界へ発信する名古屋市の団体「和ProjectTAISHI」が国際平和デーの21日に合わせ昨年から企画しているもので、全国の護国神社47社と広島市の平和記念公園で開催されました。

この日、秋田県護国神社では秋田市の書家・松田藍舟(らんしゅう)さんが、平和への願いを込めて十七条憲法の「以和為貴(わをもってとうとしとなす)」の漢字4文字を大きな紙に毛筆で書きました。

宮司の面山浩康さんは「世界中の全ての人が平和を願えば、戦い、争いは起きなくなるはず。揮毫奉納を行うことで、皆が平和について考えるきっかけになれば」と話していました。

※揮毫=毛筆で文字や絵をかくこと

CNA秋田ケーブルテレビ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ