ここから本文です

世界の第一線で活躍…大気化学者が母校で出前授業 香川・高松市

9/21(金) 18:58配信

KSB瀬戸内海放送

 世界の第一線で活躍する大気化学の学者が、高校生に出前授業を行いました。

(国立環境研究所/谷本浩志さん)
「今全部止めても影響が残るんです。すぐ止まらない。なので今アクションをしないといけない」

 国立環境研究所の化学者で、高松高校OBの谷本浩志さんの出前講座です。谷本さんは、同じく大気化学の専門家のミーガン・メラメッドさんらと来週、高松市で開かれる国際会議に参加します。

 谷本さんは後輩の理系の2年生、約200人を前に「化学者になるには理系科目が大事ですが、最後は気合と根性です」とアドバイスを送りました。

(高校生はー)
「世界のためになるようなことができたらいいなと考えているので、こういう方法もあるんだなときょう気づきました」
「(先輩のように)自分たちも頑張っていきたいと刺激になりました」
「化学者ってどういう仕事なのかなと思っていたんですけど、それがすごいどういう仕事が分かって良かったです」

最終更新:9/21(金) 19:05
KSB瀬戸内海放送