ここから本文です

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」新ED曲は水木しげるの娘が作詞、氷川きよしが歌唱

9/23(日) 9:30配信

コミックナタリー

水木しげる原作によるアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の新たなエンディング曲が、氷川きよしの「見えんけれども おるんだよ」に決定。本楽曲の作詞は、水木の次女でエッセイストの水木悦子が手がけた。

【写真】氷川きよし(メディアギャラリー他2件)

水木の口癖をもとに詩が書き下ろされた「見えんけれども おるんだよ」は、10月7日の放送回から使用される。オープニング主題歌として「ゲゲゲの鬼太郎」を歌唱している氷川は、「オープニングだけでなく、エンディング曲まで歌わせて頂けるなんて夢みたいで、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の歴史の中に僕の名前が残ると思うと、鬼太郎ファンとしてはこの上ない幸せです」とコメント。作詞が初めてという水木悦子は「初めて鬼太郎を見る子ども達に『いろいろな妖怪がいること』を伝えたいと思いました」と述べた。なお10月23日には、オープニング曲とエンディング曲を収録したシングルが発売される。

■ 氷川きよしコメント
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のオープニング主題歌「ゲゲゲの鬼太郎」を私、氷川きよしが歌わせて頂いておりますが、このたび新たに、エンディング曲「見えんけれども おるんだよ」の歌唱が決定し、10月7日(日)から放送がスタート致します!
そして、 オープニング主題歌「ゲゲゲの鬼太郎」とエンディング曲「見えんけれども おるんだよ」を収録したシングルCD、ゲゲゲの鬼太郎×氷川きよし「ゲゲゲの鬼太郎/見えんけれども おるんだよ」を10月23日(火)に発売することが決定致しました!
エンディング曲「見えんけれども おるんだよ」は、作詩は水木悦子さん。
作曲・編曲は、私が歌う「ゲゲゲの鬼太郎」の編曲をされた田中公平さんが担当してくださっていて、デジタルサウンドのループする感じが心地よいです。
「見えんけれども おるんだよ」という言葉は、妖怪にまつわる水木しげる先生の口癖だそうで、それをもとにお嬢さんの水木悦子さんが詩を書きおろしてくださいました。オープニングだけでなく、エンディング曲まで歌わせて頂けるなんて夢みたいで、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の歴史の中に僕の名前が残ると思うと、鬼太郎ファンとしてはこの上ない幸せです。皆さん、ぜひ、聴いてください。

■ 水木悦子コメント
初めて鬼太郎を見る子ども達に「いろいろな妖怪がいること」を伝えたいと思いました。
ここには10体の妖怪が登場していますが、もちろんもっと多くの妖怪がいます。
「妖怪は世界に1000体いる」と水木しげるは言っていました(妖怪千体説)。
これからアニメや本を見て、妖怪をもっと知ってもらえたら嬉しいです。
作詞は初めてで苦労しました!

(c)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション