ここから本文です

「看板キャラが生粋クズ(27歳)」 公式が商売下手すぎてとうとうユーザーが自発的に宣伝を始めたゲーム「メギド72」を今こそ全力で紹介する

9/23(日) 8:34配信

ねとらぼ

 「モバクソ畑でつかまえて」といいながら、たまには「どうぶつタワーバトル」のような良作も気まぐれに紹介したりする本連載。今回は公式Twitterが先日とうとう「27歳の生粋のクズ」を推し始めてユーザーがざわついた(この説明だけだとまったく意味不明だと思いますが読めば分かります)、DeNAのスマートフォン用ゲーム「メギド72」を紹介します。

【画像:メインビジュアルでメインキャラ2人が大号泣してるゲームってはじめて見た】

 余談ですがこのゲーム、世間的にはそこまで有名ではないものの、スマホゲーム関係者に「最近いいゲームない?」と尋ねると「メギド72いいですよ!」と決まって名前が挙がる作品でもあります。一体何がそんなに評価されているのか、「27歳生粋のクズ」とは何なのか、モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人であり、クズに詳しい「怪しい隣人」さんに語ってもらいました。

公式が「生粋のクズ」とか言い出すゲーム

 先日9月19日、「メギド72」というスマホゲームの公式Twitterが珍妙なツイートを投稿しました。

“ 個性的なキャラがいっぱい!
・世界の破滅を望む18歳
・解剖大好き18歳
・27歳の生粋のクズ
・実は一番危険な25歳
あなたの推しはどんなキャラですか? #メギド72 ”

 個性的なキャラがいっぱい! というセリフのあとに続くあまりにもあまりな惹句の数々。極め付きは「27歳の生粋のクズ」というインパクトのある表現。続くツイートを見ても誰が生粋のクズのなのかはよく分かりません。「推しを見つけてくださいね(。>ω困ります。これがもし宣伝ならば、ものすごくお客を選ぶ宣伝ではないでしょうか。というかこれで来る客はどういう存在なのかと。

 ですが、既存ユーザーにはバカウケでした。「運営はゲームのウリを分かっている」と喜ぶ人、反対に「俺たちが変な宣伝ばっかしてたから運営がこんな宣伝を始めてしまった」と悩む人。そんな宣伝をしてしまった「メギド72」とは一体どんなゲームなのでしょうか。

 ゲームの話の前に生粋のクズとはなんぞやということを説明しておきますと、ゲーム中に登場する味方キャラクターのフラウロスという男です。人の財布の中身を勝手に使い込む。ツケで酒を飲み日々働くわけでもない。いいもうけ話があるからお前代わりに働いてこい。こんな性格であちこちのもめ事に首を突っ込むトラブルメーカーであり、人に「クズと言われるが自分も他人をクズ呼ばわり。最初は年齢が公表されていなかったため、10代のチンピラかと思われていたのですが、後に27歳という年齢が発表されてプレイヤーを悪い意味で驚かせました。他の3人にも相応に問題点があるのですが、残念ながらうちのアジトには他の人間がいないので深くは語れません。幸いにして、というべきかもしれませんが。

1/3ページ

最終更新:9/23(日) 8:34
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ