ここから本文です

山県亮太、近くて遠い9秒台 1カ月で10秒00と10秒01 もどかしく「神様が…」

9/23(日) 17:31配信

デイリースポーツ

 「陸上・全日本実業団選手権」(23日、ヤンマースタジアム長居)

 男子100メートル決勝が行われ、アジア大会銅メダリストの山県亮太(26)=セイコー=が、無風で10秒01をマークし、大会3連覇を飾った。8月のアジア大会で自身2度目の10秒00をマークし、9秒台突入、日本記録(9秒98)の更新に期待が懸かっていたが、惜しくも届かず。今季最終戦となる福井国体(10月6日)に持ち越しとなった。日本記録保持者の桐生祥秀(22)=日本生命=は10秒22で2位に終わった。

【写真】隣の美女は?「いい時計して、いい車に乗って」 次なる野望明かした桐生

 ただただ、もどかしかった。ゴールの瞬間、山県はタイム表示を見て、悔しそうに表情をゆがめた。「10・01」。7センチ差で逃した8月のアジア大会に続いて、また悲願の数字に届かなかった。

 「9秒台というか、(日本記録の)9秒98を超えたい気持ちが強かった。悔しい」。

 ほぼ完ぺきなレースだった。1回目でフライングがあり、仕切り直しとなった2回目のスタートだったが、0秒116という抜群の反応タイムで飛び出すと、日本記録保持者の桐生以下を突き放す一方だった。

 ただ、風は無風。「この時期の長居は吹かない。期待はしてなかった。自分の力が1番分かる条件。地力がついてきた実感はある」と受け止めた。

 この1年間で、10秒00が2回を含めて、10秒05以下を4回記録している。「もどかしさは正直ある。記録ばっかりは、神様が『出していいよ』と言うまでは出ないんだなと思って、次に向かうしかないですね」と、前を向いた。