ここから本文です

山県亮太 次戦は「9・98スタジアム」昨年桐生9秒台で命名、更新に意欲

9/23(日) 17:59配信

デイリースポーツ

 「陸上・全日本実業団選手権」(23日、ヤンマースタジアム長居)

 男子100メートル決勝が行われ、アジア大会銅メダリストの山県亮太(26)=セイコー=が、無風条件で10秒01をマークし、大会3連覇を飾った。8月のアジア大会で自身2度目の10秒00をマークし、9秒台突入、日本記録(9秒98)の更新に期待が懸かっていたが、惜しくも届かず。今季最終戦となる福井国体(10月6日)に持ち越しとなった。日本記録保持者の桐生祥秀(22)=日本生命=は10秒22で2位に終わった。

【写真】似てる?桐生祥秀のブロンズ像

 9秒台への期待が大きく高まる中、山県の今季最終戦は10月の福井国体。会場は桐生が昨年、日本人初の9秒台を出し命名された『9・98スタジアム』だ。「(記録を)出しづらいな」と苦笑いしたが、昨年9月に桐生が走った時には、1・8メートルという絶好の追い風が吹いた競技場。「桐生くんのお墨付きがあるスタジアムなんで、僕はその記録を超えられるように全力を尽くしたい。さすがに名前は変えられないでしょうけど、9・97を目指して頑張りたい」と、意欲を語った。