ここから本文です

ニトリホールディングスの給料はどのくらいか

9/23(日) 18:00配信

LIMO

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は国内大手家具・インテリア製造小売りチェーン、ニトリホールディングスです。

ニトリホールディングスの平均年間給与はいくらか

ニトリホールディングス(提出会社)の2018年2月20日時点での平均年間給与は 860.7万円と800万円を超えています。また、従業員の平均年齢は42.4歳となっており40歳を上回っています。平均勤続年数は9.0年となっています。

ニトリホールディングスの従業員数は何人か

有価証券報告書の提出会社(単体)の従業員数は2018年2月20日時点で292名。単体で200人以上の従業員数がいます。単体のセグメント別従業員数は以下の通りです。

 ・全社(共通):292名
また、連結の従業員数は1万366名。セグメントごとの内訳は以下の通りです。

 ・家具・インテリア用品の販売:1万名
 ・その他:74名
 ・全社(共通):292名

過去5年の業績動向

ニトリホールディングス(連結)の業績推移についても見ておきましょう。

まず、売上高ですが、過去5年をみるとしっかりと増収傾向が続いています。2014年2月期に3876億円であった水準が、2018年2月期には売上高は5720億円となっています。

また、経常利益についても増益傾向が継続しています。2014年2月期には634億円の水準であったものが、2018年2月期には948億円にまで増加しています。

投資家が重視する「ボトムライン」でもある親会社株主に帰属する当期純利益は経常利益と同様に増加傾向で、2014年2月期には384億円あったものが、2018年2月期には642億円となっています。

今後の注目点

ニトリホールディングスは中長期ビジョンとして「2022年 1000店舗、2032年 3000店舗」の達成を目指した経営戦略を策定しています。

2013年から2022年までは「グローバル化と事業領域の拡大」、2018年から2020年は「海外高速出店と成長軌道の確立」、2021年から2022年は「グローバルチェーン確立に向けた経営基盤再構築」というテーマをもっています。こうした目標が実現できるのかに投資家の注目が集まります。

1/2ページ

最終更新:9/23(日) 18:00
LIMO

あわせて読みたい