ここから本文です

横断歩道を渡っていた小学生の男児が車にはねられ重傷 高松市

9/23(日) 11:01配信

KSB瀬戸内海放送

 22日夕方、高松市の国道で横断歩道を歩いていた小学生が車にはねられ、大けがをしました。

 22日午後5時30分ごろ、高松市屋島西町の国道11号の交差点で、横断歩道を歩いていた小学5年生の男の子が、横から来た乗用車にはねられました。
 男の子は全身を強く打ち、重傷を負いました。

 警察は、乗用車を運転していた高松市牟礼町の会社員、川越典子容疑者を現行犯逮捕しました

 警察では、川越容疑者が信号無視をした可能性があるとみて、詳しい原因を調べています。

最終更新:9/24(月) 11:58
KSB瀬戸内海放送