ここから本文です

鳥栖FW金崎、意地の同点ヘッド 粘って勝ち点1 鳥栖1-1柏

9/23(日) 15:24配信

佐賀新聞

 引き分けを知らせる笛が鳴ると、柏サポーターから悔しそうなため息がもれた。鳥栖は柏に先制を許したものの、FW金崎が意地の同点弾。闘争心あふれるストライカーが劣勢を覆し、敵地で勝ち点1を奪った。

 勝ち点で並び、絶対に負けられない残留争いのライバルとの一戦。厳しい展開の中、後半7分、右CKの好機が訪れた。

 キッカーのDF三丸が左足でゴールに向かうような放物線を描くと、前節得点を決めたDF高橋祐に相手選手3人が引きつけられ、すぐ後ろのFW金崎がフリーになった。首を振って頭で押し込むと、両拳を握り、仲間のいるベンチに向かって雄たけびを上げた。

 「準備不足と言わざるを得ない」とGK権田が振り返るように、前半は攻め上がってもパスコースを寸断され、逆にスペースを突かれて柏FW瀬川らに速攻を受けた。金崎が果敢なドリブルで打開を図ろうとしても打ち破れなかった。

 「自分たちを信じて最後まで戦い抜こう」-。ハーフタイムで士気を高めた直後の得点。「(金崎に)頼ってばかりではいけないけど、チームにエネルギーを与えてくれている」(権田)と周囲は認める。

 3試合ぶりのゴールとなったが、「自分の得点はどうでもいい。チームの結果がすべて」と金崎。4戦負けなしだが、ライバルたちも意地を見せ、残留争いはかつてない大混戦となっている。

 「自分たちはもっとやれる」。短い言葉に逆襲に向けた強い覚悟がにじんだ。

最終更新:9/23(日) 15:24
佐賀新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ