ここから本文です

3連休最終日 山梨の行楽地が賑わう

9/24(月) 19:00配信

UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨

24日は今月2度目の3連休の最終日、山梨県内の行楽地は賑わいました。
親子を対象にしたワイン用のブドウの収穫体験が甲州市勝沼町のブドウ畑で行なわれました。
これはワイン作りについて知ってもらおうと生活協同組合ユーコープとフジッコワイナリーが企画しました。
参加した約30人の親子は垣根仕立てで栽培された「甲州」約300キロを手際よく収穫し実りの秋の1日を満喫しました。
「暑かったけど楽しかった、甘くて美味しかった」(参加した子ども)。
「なかなかできない体験ができた、今度は味わってワインを飲みたい」(参加した男性)。
一方、富士山五合目は三連休最終日の24日、多くの観光客で賑わいました。
きょうの五合目は秋めいた涼しい気候で、山頂は厚い雲におおわれていました。
しかし、時折雲の切れ間から山頂付近が見えると多くの観光客が写真などを撮っていました。
「マイナスイオンの様な、湿気がないので爽やかです」(観光客)。
標高が約2300メートルの五合目周辺では木々に色付きも始まっていて、来月からは本格的な紅葉のシーズンを迎えます。
一方、甲府市のかいてらすではやまなしの特産品を一堂に集めた地場産業まつりが開かれました。
建物1階から3階まで全てのフロアに山梨の特産品の販売ブースが設けられ、ジュエリーや印伝、それに絹織物が特別価格で販売され、訪れた人はお気に入りの一品を探していました。
また、日本酒やワインの試飲にアクセサリーやはんこ作りの体験コーナーが人気を集めていました。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:9/24(月) 19:41
UTYテレビ山梨