ここから本文です

長谷部誠、今季初のリーグ戦出場でいきなりベスト11に選出「いつも通りの落ち着きを披露」

9/24(月) 20:39配信

GOAL

元日本代表MFの長谷部誠は23日に行われるブンデスリーガ第4節のRBライプツィヒ戦で今季リーグ戦初出場。ドイツ誌『キッカー』はこの一戦でリベロを務めたベテランのプレーを評価し、第4節ベスト11に選出した。

先日のヨーロッパリーグ初戦マルセイユ戦で、右側のインサイドハーフとやや攻撃的なポジションでプレーした長谷部だが、アディ・ヒュッター新監督とともに臨んだ初のリーグ戦ではリベロとしてスタート。『キッカー』はその監督の采配が「とりわけポジティブだった」と評し、長谷部については「ボールを持った際、いつも通りの落ち着き、ビジョンと競り合いでの勝負強さを披露し、チームに安定感を与えた」と称賛。チーム単独最高点の「2」をつけた上、第4節ベスト11にも選んだ。

同誌はGKケヴィン・トラップやDFダビド・アブラーム、得点者のMFジェルソン・フェルナンデスや、2トップを組んだFWセバスティアン・アレールとルカ・ヨヴィッチに「3」と及第点をつけた。そのほか、ハンドPKを献上したMFフィリップ・コスティッチ(「4」)らは「3.5」~「4」とやや低めな評価となっている。

また、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのは、ライプツィヒのPKを決めたスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリ。評価は長谷部と同じ「2」となるも、MOMに輝いた一方で、ベスト11には選出されなかった。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

GOAL

最終更新:9/24(月) 20:39
GOAL