ここから本文です

田中恒成が世界最速タイ12戦目での3階級制覇を達成 木村翔との日本人対決に判定勝ち

9/24(月) 17:06配信

スポーツ報知

◆プロボクシング▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇田中恒成(判定 2―0)木村翔●(24日、愛知・武田テバオーシャンアリーナ)

【写真】健闘をたたえあう田中恒成と木村翔

 同級1位の田中恒成(23)=畑中=が、王者の木村翔(29)=青木=に2―0(114―114、115―113、116―112)の判定で勝ち、WBAライト級スーパー王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ世界最速12戦目での3階級制覇を達成した。両者ともに初回から距離を詰めて激しく打ち合う好試合となった。

 田中の戦績はデビューから12連勝(7KO)、木村は17勝(10KO)2敗2分け。

 田中「気持ちの勝負と思っていて、弱気になったら負けだと思っていた。(最速記録は)うれしいです。生涯忘れられない試合になった。木村チャンピオンと試合ができて光栄です。俺より最高の拍手をお願いします。気持ちのいいチャンピオンで、1回から来ると分かっていた。木村チャンピオンは2か月間という短いスパンで敵地に来たことを忘れてはいけない。初挑戦の時より今回は怖かった。応援あっての最速記録。疲れたのでマジ休みたい。もっと強くなります。まだ終わりません」

最終更新:9/24(月) 18:17
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ