ここから本文です

女優の杉本彩さん、浅田美代子さんら講演 「動物虐待の現状を」動物愛護をテーマ、30日に朝霞でシンポ

9/24(月) 10:31配信

埼玉新聞

 動物愛護をテーマに、女優で公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」理事長の杉本彩さんや女優の浅田美代子さんらが講演したり、パネリストとなってディスカッションするシンポジウム「みつめて。犬と猫の命~動物愛護後進国からの脱却~」が30日、朝霞市本町の市民会館「ゆめぱれす」で開かれる。飼育放棄や監禁など、動物虐待の実態を知り、動物愛護の環境を整備していこうと、動物の保護活動に取り組む朝霞市のNPO法人「にゃいるどはーと」が企画した。

 当日は、浅田さんが「犬猫たちの悲痛な叫び。今、自分にできること」、杉本さんが「動虐待を見逃さない。許さない。あなたの勇気がいのちを救います」、NPO法人「ワン’sパートナーの会」理事の佐久間圭葉さんが「沖縄の犬たちの今。センター収容犬たちをみつめて」、動物病院院長の稲垣将治さんが「野良猫の獣医療について。不幸な猫たちを減らすために本当に必要なこと」、主催者代表の東江(あがりえ)ルミ子さんが「物から命へ。殺処分対象の犬猫たちの過酷な現実」をテーマにそれぞれ講演する。

 また浅田さんと杉本さん、東江さんに弁護士の渋谷寛さんを加えた4人がディスカッションする。

 シンポの開催時間は午後2時半から5時半。定員は先着900人。入場無料。希望者は「にゃいるどはーと」に電話またはホームページ、ファクスで申し込む。

 東江さんは「動物虐待の現状を一人でも多くの人に知ってもらおうと企画しました。気軽に参加して、何かを感じてもらえれば」と来場を呼び掛けている。

 問い合わせは、東江さん(電話080・5485・9747)へ。

最終更新:9/24(月) 10:31
埼玉新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ